1年で1番忙しいクリスマス!

ケーキ屋さんと言ったら、クリスマスケーキ!
今年のクリスマスケーキ店頭販売期間は12月22日~25日。クリオロでは、ご予約はお受けせず、「当日販売」のみというスタイルで販売を行なっています。
以前、クリスマスケーキができるまでを紹介しましたが、今回は当日の様子をご紹介します!

ラボは朝からフル稼働

ラボでは早朝からクリスマスケーキをスタッフ総出で仕上げます。
お客様にとって一年に一度の大切なクリスマスケーキなので、心を込めて丁寧に作ることはもちろん、ひとつひとつ手作業で作っていて一度に作れるケーキの数には限りがあるので、効率よく迅速に対応することが必要です。

作ったケーキはすぐに箱詰めして店頭で販売。可能な限りの台数を作っていますが、例年たくさんのお客様にご来店いただくので、すぐに品薄になることも。欠品が出ないように、販売スタッフと生産管理担当が随時売れ行きを確認しながら、ラボにケーキの追加製造依頼をします。
夕方頃までケーキの追加があるので一日フル稼働。すごく忙しいけれど、それだけたくさんのお客様にクリオロのケーキを選んでいただき、召し上がっていただけるということ!お客様のために、全員で協力しあって作業を進めます。

ネット注文は例年の3倍以上!

緊急事態宣言後、ネットショップの利用が増え、クリオロでも例年の3倍以上のご注文をいただいています。クリスマス商品も完売が続出し、ピーク時には2000件以上の出荷に!
受注や出荷指示を担当するネットチームと、出荷手配を担当する物流管理部が連携して配送ミスのないよう慎重にかつ迅速に対応します。今までにないほどの注文数、配送事故などトラブルもありましたが、なんとか今年も出荷を終えることができました。

店頭では笑顔でお客様をお出迎え

クリオロは毎週末たくさんのお客様にご来店いただいていますが、クリスマスはさらに混み合います。
クリスマス当日は100人以上お並びいただく時間帯もあり、なるべくお待たせしないようスムーズな対応を心がけます。お並びくださるお客様への感謝を込めて、「寒い中お並びいただきありがとうございます!」とお声掛け。忙しくなると多少なりとも焦りが出ますが、接客のプロとして、常に笑顔を意識。数あるパティスリーの中からクリオロを選んでくださったお客様へのおもてなしを忘れません。
ご案内、ご注文の承り、包装、レジ、ケーキの補充など、係分担して対応していきますが、インカムを使用したり、スタッフ同士声掛けを行ない、全体の連携を図ります。少しでも早くお客様をご案内するために、他の係の状況を見て、フォローし合うことがとても重要。

すでに2021年のクリスマス、始まってます

クリオロのクリスマス、少しだけご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。実際はもっと慌ただしく、想像以上の忙しさ。毎年のことですが、今年はコロナの影響なども考えなければならないので緊張感も増していた気がします。

そして、もうすでにサントスシェフは2021年のクリスマスケーキのレシピを考案中。来年はどんなケーキができるのか私たちも楽しみです!


▼現在募集中のポジションはこちら
(※募集が終了している場合がございます。予めご了承ください。)