クリオロの焼き菓子、食べたことはありますか?
今回は、主に焼き菓子を作る部署「ポスト・ビスキュイ」の仕事をご紹介します!

「ポスト・ビスキュイ」って…?

クリオロ人気No.1「幻のチーズケーキ」や、しっとり感が自慢の焼き菓子、ケーキのビスキュイ生地などを担当しています。

チーズケーキ製造風景

~1日の流れ~

6:30  出勤

6:30~ プチガトー仕上げ(シュークリームやルレなど)、 チーズケーキ仕込み

8:30~ チーズケーキ焼成

年間10万本以上も販売している「幻のチーズケーキ」。効率的に製造できるよう、大きく仕込んで機械でカットする方法を採用しています。カットに使うのはスペイン製の「ウォーターカッター」。実は日本で最初に導入したのはクリオロなんですよ。
カットして出てくるチーズケーキやチョコレートケーキの切れ端は、パンのフィリングにしたり、リメイク商品を作ったり、出来るだけ無駄にしないよう再利用しています。⇒詳しくはこちら

9:00~ ヨーヨーマカロン仕込み、焼成

ヨーヨーマカロンの生地を絞る様子

クリオロの焼き菓子で人気No.1のヨーヨーマカロン。製造数も多いので、全員で手分けして仕込んでいきます。

10:30~ 休憩

11:30~ ヨーヨーマカロンの仕上げ

ヨーヨーマカロンの仕上げ

12:30~ ビスキュイ類の仕込み

ビスキュイ類の仕込み

14:00~ サブレの準備、ルレの生地仕込み

15:00~ 片付け、掃除

16:30~ 終礼

~今日も1日お疲れさまでした!~

いかがでしたか?
クリオロで一番売れている看板商品「幻のチーズケーキ」をはじめ、手土産やギフトで人気の焼き菓子を担当しているポスト・ビスキュイ。
焼き菓子というと一見シンプルなスイーツに見えますが、サントスシェフが大事にしているしっとりとした食感や素材の美味しさを損ねない焼き加減の見極めなど細やかなセンスも重要になってきます。以前紹介したShinyaさん(現在はポスト・ショコラ所属)も「量が多いので、一定の品質のものを作るのは大変」と言っていました。

幻のチーズケーキ

年々、チーズケーキや焼き菓子の販売数も増えてきて、今後はもっと作業の効率化や新しい仕組みの導入も考えていかなければいけません。クリオロはサントスシェフや部署トップとの距離も近いので「こうすれば製造数が増やせるかも」「この方法だともっと美味しくなりそう」といった意見も大歓迎。みんなが良いと思ったものはすぐに試してみたり、実際に導入されたこともあります。

全ては美味しいスイーツを求めてクリオロを選んでくださったお客様のために。
クリオロでは“時代に合った美味しいもので幸せに”という企業理念のもと、これからのクリオロを一緒に支えてくれるスタッフを募集中です。美味しいものが好き、人を喜ばすことが好き、新しいことを考えることが好きという方はぜひ!


▼現在募集中のポジションはこちら
(※募集が終了している場合がございます。予めご了承ください。)