クリオロはパティスリーですが、パンの販売も行っています。パティスリーならではの上質な素材を使ったリッチなパンが自慢!近所のお客様にはケーキ屋さんではなくパン屋さんと思っている方もいたり!?
今回はクリオロでパンの製造を担当している「ポスト・ヴィノワズリー」の仕事をご紹介します!

ポスト・ヴィノワズリー
「ポスト・ヴィノワズリー」って…?
ラボの中にあるいくつかの部署の中で、パンを作る部署を「ポスト・ヴィノワズリー」と呼んでいます。昨年からネットでもパンの販売が始まり、製造数も増加。パンの製造のほか、積極的に商品開発に取り組み、スタッフ考案のパンが店頭に並ぶことも!材料の発注や美味しい食材の仕入れ先開拓なども行っています。

~ブーランジェのとある一日~

6:30~ 準備、 朝焼くパンの分割・成形

パン焼き、仕上げ

7:40~ パン焼き、仕上げ

9:00~ クロワッサン折込準備、折込作業

クロワッサン折込

11:00~ 休憩

12:00~ クロワッサン成形

13:00~ 翌日のパン生地仕込み

14:00~ 翌日のパン準備、 ネット分のパン準備

15:00~ 片付け、翌日準備、掃除

16:30~ 終礼

~今日も1日お疲れさまでした!~

毎朝焼きたてのパンを店頭に出しているので、開店までに間に合うようにテキパキと進めることを意識して作業しています。また、クリオロは冬が繁忙期ですが「ポスト・ヴィノワズリー」も例外ではなく、「シュトーレン」や「ガレット・デ・ロワ」の製造も入ってきます。

クリオロのパンはもちろん、「シュトーレン」などもとても人気なんです。特に昨年からネット販売がすぐに完売してしまう状態で大幅に製造数が増えています。今後はスケジュール管理や作業効率の改善のほか、ブーランジェの採用も積極的に行っていく予定です。

いかがでしたでしょうか?今回はクリオロでパンの製造を担当している「ポスト・ヴィノワズリー」の仕事をご紹介しました。今後も生ケーキ部門やチョコレート部門などご紹介する予定ですのでお楽しみに。


▼現在募集中のポジションはこちら
(※募集が終了している場合がございます。予めご了承ください。)