クリオロの社員をご紹介!

今回は入社3ヶ月、中目黒店に勤務するMayuさんにインタビュー。アパレル販売から飲食業界へ転職した理由とは…。入社後のギャップなども聞いてみました!

mayu
〈Mayu〉
東京都出身。前職はアパレルショップで販売員。9月にクリオロに入社し、現在中目黒店で販売スタッフとして勤務。

■仕事内容

接客販売、商品の陳列など

■クリオロで一番好きなスイーツは?

クレーム・ダンジュ

■クリオロってどんな会社?

明朗快活

■趣味や休日の過ごし方

読書、映画鑑賞、イラスト制作など

― 前職はアパレルショップの販売とのことですが、なぜクリオロに応募しようと思ったのですか?

元々接客が好きで、学生時代は珈琲やあんみつ、ケーキなども取り扱う喫茶店で働いていました。 前職のアパレルショップでの販売もやり甲斐があり楽しかったのですが、もっとお客様が気軽な気持ちで、毎日でも楽しめるようなものを取り扱いたいと思うようになったことが転職のきっかけでした。
クリオロはプライベートで何度か利用したことがあり、美味しいケーキや焼き菓子は勿論、接客の雰囲気もとても良かったので、ここで働きたい!と思い、ご縁あって9月より入社する運びとなりました。

― 今年9月に入社して、3か月ほど経ちましたが、慣れてきましたか?入社して驚いたことや、ギャップがあったら教えてください。

先輩方に助けてもらうことも多いですが、接客や業務にはだいぶ慣れてきて、お客様と会話を楽しめる余裕も出てきました。 オススメしたものをご購入いただいたり、悩んでる方に寄り添ったアプローチが出来て笑顔でありがとうと言ってもらえる瞬間はとても嬉しいです。

驚いたことといえばやっぱり忙しさです! それだけクリオロのファンの方が多いことはとても嬉しいです。 混雑時と閑散時の接客のメリハリが必要なことには難しさを感じていますが、頑張りたいと思っています。
また、洋菓子店はあまり声かけをしないイメージがありましたが、クリオロはかなりお声がけが積極的なのも、入社時に感じたギャップの一つです。

― 最近はどんなことを教わっていますか?

最近はケーキの箱詰めを中心に教わっています。 ケーキの形や個数、お客様の持ち歩き時間で箱に詰める向きや箱自体の大きさが変わるので、最適解を模索する日々です。(笑)
また、ケーキに限らず、焼き菓子のギフト詰めや、大口のご配送など、お客様に対してお待たせする時間をなくせるよう、「こういう時はこうしたらスムーズに対応できるよ!」などは積極的に先輩方が教えてくださっています。

― 入社前、入社直後、現在で、クリオロの印象の変化や気づいたことはありますか?

会社内にも多くの部署があり、食品という繊細なものを取り扱うために日々しっかりと商品の管理しなければならないため、時にはピリッとした空気になる場面もありますが、スタッフの方々自身に明るい雰囲気があり、クリオロに感じる印象は入社以前と今とで変わらないです。

― 先日行われた販売研修にも参加!

クリオロでは今までの経験を活かしながら、さらに接客スキルを磨ける機会を設けることにも力を入れています。もっとお客様にお買い物を楽しんでいただけるようなお店にしたいという目標に向かって、スタッフ全員が高いモチベーションを持って働いています。
先日行われた研修にMayuさんも参加。販売のプロから直接指導を受け、新しく得たテクニックを積極的に取り入れていました。

趣味はイラスト制作というMayuさん。接客だけでなく、POP作成など、特技を生かして店舗運営の様々な場面で活躍していってほしいと思います!


▼現在募集中のポジションはこちら
(※募集が終了している場合がございます。予めご了承ください。)